室内

快適な室内空間にするための家具選び|リビングに必須のソファ

家計を助ける電球

蛍光灯

LEDが登場してから電球は非常に便利なものになりました。日本語では発光ダイオードと呼ばれています。その特徴は従来の電球よりも寿命が長いことです。室内の照明だけでなく、車のヘッドライトや信号機、デジタルカメラやスマートフォンの液晶など多くの箇所に使用されています。

従来の蛍光灯の寿命は平均で10,000時間程度でした。それ以上使用したら蛍光灯が切れてしまい、室内を明るく保つことができませんでした。ですがLEDの蛍光灯の場合は、60,000時間以上も使用し続ける製品もあります。単純に考えても、寿命は従来の蛍光灯の6倍以上です。取り替える手間も少なくて良くなりますし、電球を購入する費用も削減することができるでしょう。少しでも節約することで家計が楽になります。

さらにLEDの蛍光灯は寿命が長いだけでなく、毎月の電気料金の節約にもなります。LED照明は、白熱電球や蛍光灯よりも消費電力を抑えることに成功しています。そのため、1時間使用した場合の電気料金は約1.5円程度しかかかりません。一年間で計算しても3,000~4,000程度になるでしょう。そのため、家中の照明をLED照明に変更すると大幅に電気料金を節約することができるでしょう。

一般的な電球と比較すると、購入費用は高くなりますが、寿命が長く消費電力も少ないLED照明に変更すると、購入費用を約1年間で取り戻すほどのメリットがあります。家の電球は切れてしまって、これから購入する方は寿命と消費電力を考慮して電球を選んでください。